時代の流れ???

なんかよっくんのブログ(火曜日)から変な流れができてるよね!!

「キスの日」

 

これはせめて1週間は流れを切らない方がいいのか…

しかし齢40の男が「キス」についてアツく語ることがどれだけリスクを伴うのかも、なんとなく分かる。

なにより、オレのキス話に興味を持つ人など皆無!!!

 

と、いうことで…

残念ではございますが…

 

「オレのファーストキスは高校1年の時だぜっ!!!」

 

という、このどうでもいい情報を押しつけて、キスの話に代えさせていただきたいと思います←つまりキスのお話はまだつづく…はず

 

ということで、日曜担当のラヴです。

みなさん、ゲンキですか~??

さて、金曜日にニュースで

~駿河湾フェリーの運営会社が、3月末で撤退~

というニュースが流れました。聞いた方もいるかと思います。

駿河湾フェリーといえば、清水から伊豆半島の土肥までその名の通り駿河湾を横断して航行している船。フェリーなので人だけでなく車も運ぶ。陸路で行けば2時間半~3時間くらいかかるのをたったの1時間強で行けてしまうという交通機関。

 

実はたまたまなんですが、先日その駿河湾フェリーを利用したんですよ!

ちょいと伊豆の方まで☆

船って滅多に使わない交通手段。だからこそ、乗った時に「あ、いいな~」って思うことが結構あったりしてね。(注:船酔いする方にとってはただただ『悪魔の乗り物』という思い出しか残らないかもですが…)

 

あんなデカいものが港へゆ~~~っくり入ってくる感じ。

そして乗り込んだあと、出港して行くときの船から見た外の景色。さっきは「船が動いている」だったのが、今度は「景色が動いている」という光景に。これは何とも言えない疾走感がある。その時の海を切り裂いていく音もイイ♪(注:船酔いする方にとっては、一切共感できないのかもしれませんがお許しを…)

そして何より沖へ出た時の解放感は他の乗り物では絶対に体験できないもの。

海は本当に碧いし、場所によっては普通にイルカやクジラに遭遇するし。

夜に甲板へ出ることができる船に乗れたのなら、沖合では驚くほどの星空を見ることもできる。想像しているよりもずっとキレイな星空を。

まぁなかなか乗る必要性は低い乗り物だけど、水上バスとかでも全然気分転換になるし、もしよかったら寒くなる前にぜひ一度船に乗ってみて!!

 

余談ですが、乗り物酔いする方。サングラスをかけて乗ると結構酔いが軽減されますよ。目から入ってくる周りの景色の「視覚的情報」と、三半規管で得られる「感覚的情報」のズレが酔う原因だそうで。その「視覚的情報」をサングラスで弱めることによって、「感覚的情報」とのズレが小さくなるのだそうで。だからといって、ず~っと下を向いて本を読んでいるのは、まちがいなく酔うと思いますけどね。サングラスの濃さによっても変わってくるとは思うけど、機会があったら試してみて☆

 

さてフェリー…というより船の魅力を語った訳ですが、乗った当日若干海が荒れてまして、船内および船外の写真を撮ることができなかったんですよね。それが唯一悔やまれる。。。

 

あ、土肥に着いてからは訪れたところでは撮りましたよ?

金塊♪

 

土肥港のすぐ近くに「土肥金山」があって、そこにはこんな金塊が!金の価格は変動しますが、訪れた時の価格おそよ…

12億!!!

しかもその12億に触れることができる!そんなの、あやからないはずがない!!しっかりと触りまくったのち、金運アップということで金塊さまのお写真を。スマホにず~っと保存しときます☆

しかし、12億もあったらなにするよ?逆に想像つかないわ。。。

 

てなわけで、よかったらみなさんもフェリーに乗って、土肥金山へ!

結構楽しいですよ、マジで。

 

ではみなさんまた来週~☆