F1が好きになったきっかけ

どうも、ラヴです。

日付が変わるギリギリでこのブログを書いているので、ひょっとしたら公開されるのが月曜かもしれません。

でも日曜担当のラヴです。

 

さて、私がF1ファンだということは皆さんご存知かと思いますが(いや、きっとほとんどの人は知らないと思う…)、そんな私も昔は「ただ車がグルグル走ってるだけで何が楽しいの??」という人間でした。

 

転機が訪れたのは1992年。なぜかその年のブラジルGP開催前に頻繁にTV放送のCMを目にしたんだよね。数年前までは地上波で全グランプリ放送してたんだよ。放送が日曜の夜中。日付が変わるくらいから放送するから、F1があった次の月曜は寝不足だったんだよね。

 

まぁそのCMに影響されて「1度ちゃんと見てみるか。」と思ったのが最初。

まだその時は「好き」までにはならなかった。

 

じゃあ「好き」になったのはいつなのかと言うと…そのブラジルGPからおよそ2ヶ月後に開催された

 

モナコGP

 

F1ファンじゃなくても、モナコという名前とF1が結びつく人がいるハズ。

偶然にもその年はモナコGPが50回記念というメモリアルな年だった。

しかも!!!

そのメモリアルなレースが、すべてのF1ファンの間で【伝説】となったレース展開になったのだ!!!

どんな展開だったのか、話したい。

すごく話したい。

だが!!話すとものすご~~~~く長くなる。

本当に長くなる。

なぜなら、そこにはレースだけでなく人間同士のドラマがあるから。

 

どんなスポーツだってそうだよね。

もちろん純粋に競技が面白いってのもあるけど、その背景にドラマが色々とあるからファンになったり、逆にアンチになったり。。。

 

その後色々とF1の事を知っていくワケなんだけど、今思えば知れば知るほどレース以外の部分でF1に惹かれていった気がする。

 

で、当時好きになりたての私は…

こんなものを買いました。

CDです。

さっきお話した、伝説のレースのCDです。

もう一度言います。

CDです。

 

DVDじゃないんですよ!!!(当時まだDVDは無かったのだ)

 

つまり、音だけ。映像はナシ。

でもね、これがまたいいんだよ。上手く言えないけど…好きな人にはたまらないのよね。みんなもそういう「人には伝わらないけど、なんかいい」ってやつ、あるでしょ?それと一緒。

 

通過するエンジン音とか車によって全然違うんだよ。今このCDを聴いても、音だけでエンジンのメーカーを当てることができると思う。

なんの役にも立たない特技だけど( ̄▽ ̄)

 

 

そんなこんなで、次はパラリンピックが始まりますな。

次はどんなドラマが生まれるんだろう☆これまた楽しみだ♪

 

ではみなさんまた来週~♪

コメントを残す