寒いは痛い

どうも、月曜のあなごです。

 

よっくんに映画連れてってよって言ったら、もうたくさん予約がきたから無理って言われました。

 

 

月曜日って一週間で一番気が重くなるんですけど、なんでですかね。

あー、はやく週末にならないかなぁー!

仕事的には今週から来週にかけてが一番忙しい時期!

そしてそれが過ぎるとラウドヒル計画最新作『Fly me to the Moon〜タケトリストーリー〜』の公演があります!

もう、これでもかってくらい踊ってるんです。ぜひ観に来てほしい!

 

 

さて、今日のブログですが、言いたいことはシンプルで、寒いって感覚はいきすぎると痛いってことです!

 

静岡って基本温暖じゃないですか。

沖縄県と並んでほとんど降雪しない地域ですよ(山間部や御殿場などを除く)

とっても住みやすい。

そんな静岡県民、雪を見ると興奮しちゃう県民性です。

 

ゆえに、

 

寒さに耐性がない。

ような気がします。

少なくとも僕は寒さに弱い。

ハムスターか!

 

前々週、諏訪湖に行った話を書きましたが、その時の気温が−6℃

静岡だと信じられないくらいの寒さで笑っちゃう感じですよ。

その日の予定が御神渡りを観ることだけで、その後の予定、一切考えてなくて、

どうしようかなって思って、ふと思いついたのが、

 

「八ヶ岳ロープウェイで山頂近くまで行かね?」

 

はい、バカです。今思えば相当馬鹿です。

ネットで調べたら、なんか山頂付近は標高2300m近くて、樹氷とか見れるみたいだし?

そういう世界、ちょっと触れてみたいじゃんって思って行ってまいりました。

 

山道を登ること数十分。

 

たどり着いたのは北八ヶ岳ロープウェイ。

思ったより車が多い。

なんでだろうと思ったら、ロープウェイのお隣がスキー場になっているのです。

ロープウェイの券を買うために窓口にならぶあなごたち。

しかし、周りを見れば派手な色のスキーウェアに身を包んだ人たち。

その中でただの普段着のあなごたち。

 

 

場違い感半端ねぇぇぇぇぇ!!

 

 

完全に山をナメているという格好。

しかし、窓口でロープウェイの往復券を購入するときも、特に窓口のお姉さんには何も言われなかった。

 

あれ、普通の格好でも大丈夫ってことかな?

乗り場に書いてある、山頂駅の気温、−15℃。

 

 

 

−15℃。

 

 

 

 

まいなすじゅうごぉぉ!!!??

 

 

 

静岡の平野部で暮らしている限りは、目にすることのない数字。

はたして、大丈夫か、あなご。

 

 

 

 

 

案の定、

 

ロープウェイを降りると、そこはもう、極寒の雪山でした。

本当はね、もっと吹雪いてたんですよ。

横殴りの雪?

痛いのね。

寒いじゃなくて、痛いのね。

 

でも、出口の直ぐ側からもう雪山で、

そして目の前には立派な樹氷がお目見えしているわけです!

こんなに雪の張り付いた樹氷を観るのは初めて!

とっても感動!

本当に別世界。

 

少し遊歩道(であったろう場所)を歩いてみたけど、

踏み固められた雪はいいけど、そうじゃないところは簡単に足が埋まる。

もう、根本まで埋まる。

 

雪国の人はこんな気温当たり前って思うかもしれないけど、

やっぱり静岡に生まれ、静岡に住んでいる人間にとっては非日常なのでした。

 

月曜担当 長島弘志

 

 

コメントを残す