騙されてもいいじゃない

はい、月曜日のあなごです!

 

もう日付跨いで月曜日じゃなくなっているけど気にしません。

 

 

前回のブログで、見事にタイトルでよっくんを騙すことに成功(?)したわけだ。狙ってないけど。

 

しかし、意外とよっくんってみんなのブログ読んでるんだな。

まめだな。

 

僕は管理上読んでいるけど、みんなはどうなんだろうな。

 

 

まぁいいや。

 

 

みなさん、錯視は好きですか?

 

図形が動いて見えたり、同じ色なのに違って見えたり、

そんな絵や写真のことです。

人間の脳みそって常に視覚情報をそのまま認識しているんじゃなくて、

ある程度処理を加えているんですね。

思い込み、みたいな。

軽度の障害になると、色覚異常みたいなのになるんでしょうか。

 

つまり、よく考えてみると、僕たちは常に騙されている、と言ってもいいんじゃないか。

 

人に裏切られるのは嫌いだけど、騙されるのは嫌いじゃない。

いい意味で騙されるのは本当に気持ちがいい。

 

大どんでん返しなストーリーって、燃えますよね。

 

 

有名な話ですが、グラビアの写真なんてみんなPhotoshopで補正してあるんですよね。

というか、媒体に出る写真とかなんて、無加工のものなんてほとんどないと思う。

 

今はなんでもデジタルになって、そうした加工なんてすごくしやすくなった。

 

インスタなんて見てみろよ。加工してない写真のほうが珍しいぜ!

特に女子はすごい。

彼女たちはより良い自撮り写真をアップするために、時には複数種類の加工アプリを使って写真を加工している。

 

うーん、とてもできない。

 

僕はせいぜい、撮った写真の色味や明るさとかを調整するくらいだ。

あ、ちなみにこのサイトに使われているエイトビートの写真は、もちろんPhotoshopで加工してある。

どこが、は流石に言えないけど笑

聞いてくれれば教えるけどね。

 

基本はPCで編集することがほとんどだけど、

最近はスマホのアプリでも色々できてすごい。

例えばこれ、iPhone Xで撮った何気ない写真。

 

こいつを無料アプリのLightroom CCでちょちょいのちょいってすれば……

 

こんな写真に早変わり。

 

さすがにこれはやりすぎて、空とか絵みたいになってる。

 

補正次第で雰囲気も変わってくるし、写真のクオリティも変わってくると思う。

 

映像なんてCG使ったり色調補正をするのは当たり前。

音楽なんて、音程まで変えられる。

 

本当に純粋にそのままのものなんてほとんどないんじゃないかな。

 

だから、こんな時代だからこそ、

そういったものに騙されることを楽しんで良いんじゃないかって、思うんだよね。

 

そもそも役者なんて、

その場にないものをあるように見せたり、別人がそこに生きているように演じて、

言い方が悪いけど、客を騙すのが仕事。

 

客はまんまと騙されるわけだけど、全然嫌な気持ちにならないよね。

 

つまり世の中は気持ちのいい騙しもあるってこと。

 

だからそういうのを、精一杯楽しみたいなって思う。

 

女性のすっぴんがやばい失望した!なんていう男がたまにいるけど、

 

俺に言わせりゃ何言ってんだ?って話。

 

いいじゃない、騙されたって。

だって目の前にいるのは化粧されている”きれいな”女性だからね。

いいじゃん。

 

何事も、楽しむには、寛容さが必要

だと思います。

 

月曜担当 長島弘志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です