リアル

どうも!

月曜のあなごです!

 

いよいよ!

 

『BIDMEN』の公演が行われる週になりました!

 

あと数日で、

 

僕たちが死に物狂いで挑戦した作品の幕が上がる。

 

とっても感慨深いです。

 

 

はたして、

みんなの期待を超えることができるか。

 

控えめに言っても、今回の作品はハイパークオリティですよ!

 

『Stardust Memory』も十二分にクオリティの高い作品でしたが、

 

今回も衝撃的に面白い作品です!

 

エイトビートが、ゲーム会社と戦時中の芙蓉部隊という2つの物語に挑戦する。

 

そう、何気に全員が一人二役。

2つの歴史を背負った人を演じるというのは、考えていたものより苦労が多いものでした。

 

だからこそ、もがき苦しんだ僕たちの舞台をぜひ観に来てください!

 

 

 

さてさて、本題。

 

今日、稽古のオフ日を使って、エイトビートと演出の園子さん、そしてスタッフ数名で、芙蓉部隊の訓練基地であった旧海軍航空隊藤枝基地、現在は航空自衛隊静浜基地に、見学に行ってきました!

 

芙蓉部隊誕生の地なだけあり、敷地内には、芙蓉部隊の記念碑が立っています。

 

「芙蓉の華 この地に咲き はるか南西の 大空に散る」

 

この記念碑は、富士山を望むように建てられています。

 

太平洋戦争中、特攻が主戦法になりつつあった帝国海軍で、唯一特攻命令を拒否した伝説の部隊、芙蓉部隊。

そしてそれを率いた美濃部 正 少佐。

 

この地から富士山を眺めて、当時の若者は何を考えたのでしょうか。

 

そして資料センターの中へ。

そこには芙蓉部隊の記録がたくさんありました。

 

アメリカ軍を夜間奇襲戦法で苦しめた芙蓉部隊。

彼らが愛用したゼロ戦と彗星。

 

なんとなく、当時の若者の気持ちに近づけるような、そんな感覚。

 

そして、基地を案内して下さった航空自衛隊の元パイロットの方の話。

パイロットとは、こういう人たちなんだ。

 

それを、直に感じることができました。

 

そして、滑走路。

 

そう、今日はバツグンの青空。

 

この青空は、今回の作品のキーワードのひとつでもあります。

 

 

深い蒼の世界、

満点の星空、

 

この2つは、パイロットしか体験できない、極上の世界なんだそうです。

 

 

自分たちの知らない世界をそこに感じました。

 

 

やっぱり、資料を読むだけでは得られないことが、直接聞くことによって得られます。

 

 

百聞は一見に如かず。

 

本物のパイロットの方にお話をきくことで、よりリアルに近づくことができたんだと思います。

 

 

さて、そんな、万全の体制の中で臨む、

エイトビートSTAGE2.00

『BIRDMEN』

 

12月1日(金) 19:00〜

12月2日(土) 14;00〜

一般 1,500円 学生1,000円

 

チケット絶賛発売中!

お問い合わせは静岡市民文化会館まで!

 

ぜひとも、よろしくお願いします!!

 

月曜担当 長島弘志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です