ロッチの奥歯を噛んだ

良い芝居。
良い作品。

『今回はすごいぜ!』『めちゃくちゃ面白い、』『全米が泣いた!』『興行収益第一位!』。

様々な謳い文句はあれど、その定義というのは、はっきりしない。

それはひとえに、個人の。貴方の。それぞれの。感受性ゆえだ。

貴方にとっての名作は、他人にとっての駄作になり得る。

不朽の名作でさえ、人によっては酷評するのだから。

ただ一つ。どんな作品でも不変なものがあるんだ。

クリエイターの気持ちだ。

造り手の誰しもが思うハズなんだ。

もっとこれ以上を。もっと楽しいものを。もっと心揺さぶる、なにかを。と。

しかしそれが大多数に評価されなければ、食っていけないのがこの業界さ。

それがたまらなく苦しく、つい奥歯を噛んでしまう。どれだけの人が、そのジレンマに耐えきれず、涙を飲んだんだろうか。

正直言おうか。

エイトビートはさ。

俺もさ。

まだ激烈に売れちゃあいないのさ。

それでも奥歯を噛みしめ、今俺たちは、過去最高の作品へ向けて、足を運んでいる。

例え自分が信じられなくても。横を向けば信じられる7人がいる。後ろを向けば、数えきれないほどの関わってくれた人がいる。

自分がどうこうじゃない。

月並みだが、一人ではない。

良い芝居。良い作品。

観てくれた方にとって、名作にも駄作にもなるんだろう。

それでも願わずにはいられない。

これだけの仲間が揃って。心血注いだ作品に意味がないのだとしたら。俺が役者をやる意味はない。

エイトビート第2弾公演『BIRDMEN』。

日常生活。貴方も苦しい瞬間があるだろう?今の社会の体制上、奥歯を噛む瞬間があるだろう?

そんな『普通の人』である貴方にこそ。観ていただきたいのです。

同じように奥歯を噛みしめ、心血注いだこの作品を。

エイトビート公演『BIRDMEN』。

もうすぐです。

8のつく日担当 ロッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です