いっくんの疑惑

みなさん今週も火曜日がやってきましたね!

 

今日は、

 

「ワープロの日」

 

だそうです!

 

ワープロになんの思い入れもないし、

 

というかたぶん触ったことも見たことすらもないのでスルーします。

 

自分パソコンとかも嫌いなタイプです。

 

嫌いというか使えない。

 

そして使いたいとも思わないから触らない。

 

まぁ今だいたいのことはスマホで出来るしね!

 

 

って今日は別にパソコンでもスマホの話をしたいわけでもないんですよ。

 

 

今日は、

 

日曜日の東京ダンス稽古後に出た疑惑、

 

いや、

 

前々から出ていた疑惑、

 

 

 

“いっくんの疑惑”

 

 

 

について自分がはっきり言ってあげようと思ってるんですよ。

 

 

 

あなごが、

 

東京稽古の行き帰りの盛り上がりについては誰かが書くだろうとパスを出していたので、

 

月曜日担当のあなごのパスは火曜日担当の自分が受け取って書きたいのですが、

 

 

自分とロッチの2人は東京で、

 

現地集合、現地解散だったので、

 

行き帰りの車のことは知らないんですよ!

 

だからきっとそのめちゃくちゃ面白かったっていう行き帰りは静岡組の誰かが書くでしょう!

 

 

 

さて、

 

先程言ったいっくんの疑惑ですが、

 

そう、

 

 

 

“いっくんの舌おかしいんじゃないか疑惑”

 

 

です。

 

 

いっくんは自分でよく言ってますね。

 

マヨネーズと辛いものが大好きだと。

 

みなさんそれぐらい全然普通じゃんって思うかもしれませんが、

 

いっくんはそんなもんじゃありません。

 

 

普通の辛さが全然大丈夫な人が、

 

「すごい辛い!」

 

っていうレベルを、

 

「甘い」

 

っていうレベルです。

 

 

出てきた料理には、

 

基本全部マヨネーズをかけます。

 

テーブル上にマヨネーズがなければ、

 

すぐピンポンです。

 

「マヨネーズもらえますか?」

 

 

マヨネーズを注文。

 

 

 

前に一緒にチーズフォンデュをやったときは、

 

チョコレートフォンデュ用に買ってあったマシュマロにマヨネーズ。

 

白のものの上に白って。

 

 

いっくんよ、

 

料理にはファッションと一緒で色合いというものも大事なのだよ。

 

 

あれ?

 

マシュマロマヨは俺が食べさせたんだっけかな?

 

まぁそんな細かいことはどうでもいーや。

 

話を戻します!

 

 

 

そしてついに東京稽古の後のご飯のとき、

 

あのたってぃが口を開きました。

 

 

「なんでもかんでもマヨネーズかけるなし」

 

 

それを皮切りに、

 

「味付けした人の気持ちを考えろ!」

 

「いっくんは味じゃなくてマヨネーズという安心感を得ているだけだ!」

 

「マヨネーズ依存症だ!」

 

 

などみんなから集中砲火。

 

がいっくんは、

 

「もちろんマヨつけなくても美味しいけどつけたらもっと美味しくなるじゃん!」

 

と気にせずガンガンマヨネーズを食べるいっくん。

 

なんなら自分の舌が正しくてみんなの舌がおかしいとか言い出すいっくん。

 

 

たってぃ「これとか醤油でいいじゃん」

 

いっくん「醤油マヨとか最高じゃん!」

 

 

はぁ…

 

 

話を進めると、

 

いっくんはさっぱり感を楽しむような和風パスタにも全然マヨネーズをかけるらしい。

 

なんなら、

 

「物体が見えないぐらいマヨネーズで覆ってくれたら虫も食べれるんじゃないかな?」

 

とか言ってます。

 

 

 

自分は別にマヨラーを否定する気はありません。

 

時にマヨネーズは料理を美味しくするでしょう。

 

辛いものを否定する気もありません。

 

自分も辛いものは好きなほうだと思います。

 

ましてや虫を否定する気もありません。

 

自分が食べてないだけで食べたら虫も美味しいかもしれません。

 

ただいっくんよ、

 

この場を借りて声を大にして言ってあげよう、

 

 

 

“君の舌はおかしいよ”

 

 

 

自分はこの後、

 

渋谷で用事があって先にあがったので知りませんが、

 

自分があがったあといっくんはマヨネーズで何かやらかしたらしいですね。

 

 

いったい何をやらかしたんだろう…

 

 

きっとマヨネーズも程々にしろってことなのだろう…

 

 

 

いっくんがこのブログを読んでくれることを願って。

 

 

 

火曜日担当  大井理弘

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です