再演ということ

刻一刻と、スターダストメモリーの再演が近づいている。

『同じものやるから、楽ちゃうの』と思われるかもしれないが、そんな事は、実は全くない。

『同じ事』を繰り返そうとすると、不思議なもので、パフォーマンスが劇的に下がってしまうのだ。だから前回以上のものを、前回には無かった引き出しを、常に探し続ける必要がある。

そして気を付けなければいけない、もう一つの要因は、『勢い』だ。

前回はエイトビート旗揚げ公演。なにもかもが初めてで、ひたすら目の前にある事を怒濤の勢いでこなし、そのまま板の上に立った。

あの『勢い』はきっと、旗揚げ公演だからこその熱量だと思うんだ。もう絶対に、同じ事は出来ないと思うんだ。

でも同じものが出来ないのは、水物のお芝居では当たり前のこと。

あの時のあの勢いは、今のエイトビートには無いかもしれない。

しかし今のエイトビートは、あの時には無かったものをきっと持っている。

自信、恐怖、喜び、挫折、たくさんの感情を、前回の本番から、そして今日に至るまでに感じてきた。

それらはきっと、前回とは違った魅力、そして爆発力になるハズだ。

それが僕らも楽しみなんだ。だから貴方達も、是非、楽しみにしてて欲しい。

前回観たよという方も、是非また観においで。

きっと、いや、確実に。前回とは違った魅力のスターダストメモリーが観れるハズだ。

さぁ、本番まで3週間か?

まだまだまだまだこっからだ!

さぁいくぞ!

待ってろロマン。

写真は実家に帰った際、冷蔵庫に貼ってあったチラシ。なんでもない事なんだけど、少しだけ、気合い入ったぜ。

土曜日担当 ロッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です