いっくんひどいEpisode1

みなさん今週も火曜日がやってきましたね!


暑い。


実に暑い。


暑すぎる!


そんな暑すぎる日には、


涼しくなるような、


背筋も凍るようなお話をお届けしたいと思います。


みなさんも知っています大石樹、


通称いっくんにまつわるお話でございます。


自分はペンを持っていないと、


大体いっくんから借ります。


いっくんは、


「大井の歩く筆箱」


と呼ばれているからです。


基本筆記用具を持ち歩かない自分は、


ほぼ毎稽古いっくんからペンを借ります。


あの日もいつもと変わらない、


ごくごく平穏な稽古の日でした。


変わらない稽古場、


変わらないメンバー、


変わらないダメだし。


「いっくんペン借りてあげるよ~」


いつも通り借りる自分。


シルバーのペンを渡されました。


ちょうどダメだしの中盤戦に差し掛かるくらいの頃ですかね?


その時は訪れました。


言われたことをメモろうと自分がペンのボタンを押した瞬間、


目の前が一瞬真っ暗に。


そして声にもならないような、


「あぁあぁ!!!!」


という声が聞こえてきました。


そうです、


自分の声です。


指先から全身に電気が走ったのです。


想像してください。


プロデューサーや演出家、


スタッフさんや多くの出演者が真剣にダメだしをしているときに、


軽く跳び跳ねて変な声を出してしまった画を。


どうですか?


背筋がゾクゾクしませんか?


もう当の本人は戦慄です。


一瞬で黙りなるべく身を小さく屈める。


そしてふと横を見ると、


それを見てケタケタ笑っているいっくん。


背筋がゾクゾクしますね。


恐怖です。


この場面でビリビリペンを渡すいっくん。


ひどくないですか?


いっくんのひどい話はこれだけでは終わらないのです。


私リポーター大井は、


これからもいっくんのひどさを追求していきたいと思います。


いっくんリポーター
大井理弘