新しい自動車のカタチ

どうも、月曜のあなごです。

 

今週は遅刻せずに書こうと思います!

ははは、これでよっくんもサボれまい。

 

この土日はラウドヒル計画最新作『Fly me to the Moon〜タケトリストーリー〜』の稽古で疲労困憊なのです。

こんなに一日をダンスに捧げるなんてないと思う。

しかし、すごく大変ではあるが、楽しい時間。

 

というわけで、エイトビートからは長島、金森、大井、大石、岡野が出演いたします。

本当に面白いので、観に来てくださいね。

 

 

さて、本題。

先週のブログで、諏訪湖の御神渡りの件について書きましたが、今日はその続き。

 

御神渡りを観に行くために、雪の降る長野県諏訪まで行ったわけですが、今回は友達の用意した車で行きました。

 

カーシェアサービスである「Anyca」で日産LEAFを借りてきそう。

Anycaの説明は割愛して、

このLEAF、近頃話題の電気自動車です。あ、ただし旧型。

 

電気自動車なので、ガソリンは一切使いません。その代わり約100kmごとに充電が必要。

 

夜通し、充電をしながらのドライブ。

いちいち日産ディーラーを探さなきゃいけないのは面倒くさいけど、

強制的に休憩できると思えば、まぁまぁいい感じ?

 

初めて運転したEVは、なんともいえないモーターの加速感が印象的。

少しアクセルを踏み込んだだけですっと加速していく。

ガソリンエンジンのように、じわっとトルクが上がっていくんじゃなくて、最初からすっごいトルクで加速していくのはちょっとおもしろい。

 

2020年を皮切りに、今後ますます増えていくと言われているEV。

 

それを少し体験できたのは良かったかも。

 

でも、個人的には欲しいとは思わないかな。まだまだ解決しなきゃいけない技術的問題点は多いと思うし。

でも、新しい技術はワクワクするね。

 

さて、次回も少しだけ続きます。

次回は「あなご、極寒の雪山で樹氷を観る」です。

お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です