ロッチのトゥエンティーセンチュリーボーイ

進化論。

色々な説がある。

突発的な進化の結果、現存している個体が生き残ったのか。

もしくは慢性的な変化の結果、それが進化と呼ばれる個体になったのか。

有名どころで言うなら、キリンでしょうか。

彼らが首を長くしたのは、人の理解が及ばぬ螺旋階段が長い年月をかけて果たした結果なのだろうか?それとも、気まぐれに現れた首の長い個体が生き残った結果なのだろうか?

さぁ、ここでそれを語るにはそれはあまりに短く、そして正解など無く、更には意味さえ無いと言っていい。

なんせ俺、高卒ですから。

『やりたい事しかやりたくない』という大義名分を盾に、知恵や常識の一部を捨ててしまった人間です。

学術的な事なんてさっぱりだ。

それを踏まえた上で、下記を読み御承知頂きたい。

これは高卒の俺が思う事だ。学のない俺が思う事だ。

「人はこれ以上進化しない。」

興味ないって?まぁ聞けよ。

俺はさ、そもそも『進化』というワードそのものが好きなんだ。だってなんだか、ロマンがある。

『進化』という言葉では無いにしても、例えば、出来なかった事が出来るようになることは人類共通の多幸感でしょう?

多幸感があるという事は、それを求めているという事だ。

もしその多幸感の積み重ねにより進化が生まれるのだとしたら、1000年後にはスーパーマンが生まれるかもしれませんね。

しかし1000年前に比べてろくに進化していない以上、求める物が進化になる、という事は有り得ない。

現時点、空を飛ぶ、テレパシーを使う、ドラえもんを開発する、そんなスーパーマンなどいないんだもの。まぁ自覚が無いだけで、車に乗っている僕らが既にスーパーマンなのかもしれませんが。

なんにせよ、地球という丸い惑星の三角形。その中の頂点たる人間には、進化の必要性がありません。

現時点では人間に優る攻撃性、知恵、繁殖力を持った生物はいないからです。詰まる所、我等の独壇場ですね。

あるとすれば、退化の一途しかないんでしょうか。

ヒトは鈍器を、刃物を、銃を、ミサイルを得た代わりに、爪や牙はなくなった。毛皮を、鎧を、合成樹脂を、最先端の科学を身に纏う事により、体毛はなくなった。おい、今誰か『ハゲ』って言っただろ。

しかし、それが本当に進化か?

ヒトは文明の発達と反比例するかのように、退化の一途を辿った。の、かもしれない。

いや分からんぜ。文明の発達そのものを『進化』と呼ぶかもしれない。もしくは、『退化したその事実』すらも、『進化』と呼ぶのかもしれない。

それは論文にも学者の考え方にもよるんだろう。だけどよ。繰り返しになるかもしれんが、ホントに地球で進化したヒトの成れの果てがこれなのか?

同族で殺し合う。でかい規模で言えば戦争だ。俺は基本反戦派だが、しかしこれは、まだなんとなく理解出来る。潜在的な縄張り意識や、場合によっては社会的事情を鑑みて、理解出来ない事はない。

なにより理解出来ないのは屠殺の現場だ。

何故ひた隠す。

生物である以上すべからく、生き残る為には他の生物の命を断つ必要がある(ここでの生物は植物も指す)。

どんなに綺麗事を吐こうが、一般的な人間は肉も食うし野菜も食う。

気軽に提供される今だからこそ既に当たり前なのかもしれないけれど、現実には野菜を刈る農家の方が居て、そして育てる畜産の方が居て、そして生きている個体に電流を流し、現場で命を捌いて下さる方が居るのだ。そうして我々の口に、切り身の肉が入る事が出来る。

その現場をひた隠しにした結果が『魚は切り身で泳いでる』なんて笑い話が、海に囲まれた島国で起こる始末だ。

俺だって完璧じゃねーよ。仮に理論武装した読者諸君が、反論してきたら負けるかもしれねーよ?
俺は電気も使うし紙も使う。車も乗るぜ。ゴミも棄てる。肉も食うし野菜も食う。聖人のつもりもないし神の生まれ変わりでもない。ただのヒト。矛盾に溢れた抜群の一般人さ。

けどさ。

仮にもピラミッドの頂点だろう。世界で一番進化したと言われるあんたらの動向一つで、沢山の生物が繁栄、絶滅を繰り返してきたんだぜ。いや、『繰り返す』なんて安易な言葉は相応しくない。本当に、この世から、『種』がいなくなってきたんだ。

数年前から、うなぎが絶滅するかもってさ。日本企業が大衆に出した方針は『安価で食べるなら今のうち!』だぜ。ホントに良いのかよそれで。

ヒトの勝手で沢山の生物が絶滅してきた。

地球そのものを何度も破壊出来る程の異常な力を持った生物に、他種を思いやる責任は、本当にないのだろうか。

俺らが今やりたい事をやれてるのは、なんのおかげだ?笑えるのは?泣けるのは?好きな娘を抱き締めて、幸せを感じられるのは何故だ?

生きてるからだ。

ここでこんな事を語っても、意味は無いのかもしれない。もっと、所謂、権力というものがないと、ダメかもしれない。

それでも、なにか貴方の心が、プラスにもマイナスにもざわめいてくれたなら、書いた意味があるんじゃないかと思う。

肯定するのが良いんじゃない。
否定するのが悪いんじゃない。

なにより悪いのは、正にも負にも動かない『無関心』だ。自分の心臓が何故脈打つかも分からない。それが進化だってなら、それこそ俺にとってはクソ喰らえだ。

 

見合う写真がないって………。
じゃあお祖母ちゃんちの猫でお茶を濁そう。

8のつく日担当 ロッチ

コメントを残す