懐かしさ

みなさんどうも、月曜のあなごです。

 

今日は海の日です!

海の日。

夏って感じですね。

ところで梅雨明けはまだですか、そうですか。

今年は遅いですね、いつもより。

 

そろそろ学校の夏休みも始まりそうな時期です。

夏といえば、色々ありますよね。

海、プール、BBQ、キャンプ、色々と。

そういえば去年の夏は九州に一人でキャンプにいったなぁ。

今年はそんな余裕がなさそうで、夏を満喫できるかなぁ〜?

 

夏といえば、夏休みで家にいる子供向けにたくさんアニメをやるんですよね、テレビで。

小さい頃は色々観たなぁ。デジモンとか、ドラゴンボールとか。あ、テレしずばっかりだ。

あとはコナンの再放送とか。

 

あとは夏といえば、ポケモンの映画。毎年夏に新作が公開されています。

ご存知の方も多いとは思いますが、今年はポケモン20周年記念ということで、

ポケモンのアニメ初期をリスペクトした、

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

が公開されています。

このポケモンの映画、三連休の空いた時間で観てきました!

ポケモンの映画なんて、久しく観にいって無くて、それこそ劇場で観るのは本当に久しぶりでした。

なんで観に行ったのかといえば、

この映画がTVアニメ1話をリメイクした作品であるからにほかなりません。

予告を観て、小さい頃家でみたポケモンの第1話を思い出しました。

そして決意。これは観に行くしか無い。

 

 

 

実際に観た感想を言えば、リメイクではなかった。

TVシリーズとはまったく別の、新しい世界線での物語です。ので、懐かしのキャラクターは出てきませんよ。

ネタバレを避けるため、多くは語りませんが、20周年記念にふさわしい、今までとは違った特別な映画作品であったのは事実です。

ぜひぜひ、この映画を観て、感想を語り合いたい。

客席を観ると、ポケモンの想定ターゲットよりも高めの年齢層が多いような気がしました。

かくいう僕も懐かしさを刺激され観に行った一人ですけど……笑

今のTVシリーズ観てない人でも楽しめます。だって僕も久しくポケモンのアニメ観てないし。

ゲームも暫くやってないし。

だけど、この映画は、そんな人にも、ポケモンってこうだったよね、

ポケモンのアニメはこうだよねっていうのを伝えてくれる作品です。

クライマックスの衝撃的演出にも注目です。

とりあえず、5回くらいは泣きました。

 

20周年で色々と挑戦をしたのでしょう。

僕的には、懐古厨的な考えで、こうして欲しかったという要望はあるけれども、

全体的には満足のいく作品でした。

そしてまだまだ続くポケモンの世界。

コンドルズも去年20周年を迎えたわけだし、こうしたビッグタイトルや尊敬する人たちみたいに、長く、続ける、ということを挑戦していきたいですね。

エイトビートも、目指せ20周年!

 

 

月曜担当 長島弘志

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です