祈り

我々役者は役を演じる時に、何かを願う。

その役を通じて、何かを訴えたい。
舞台を通じて、何かを届けたい。
その舞台をきっかけに売れたい。
かっこよく思われたい。
身内にいいトコ見せたい。
具体的ではないけれど、とにかく何でもいいから、お客さんの心に残る事をしたい。

役者によって、様々な願いがある。

『役者はこうでなければならない!』

なんてクソつまんない問答をここで書くつもりは無い。

野心も下心も、捉えようによっては夢ともとれる。

ただ、僕たちは、何かを願っている。祈っている。

そう想っている人間が、舞台の上に100人。

それは本当に、凄まじいエネルギーが生まれる。



祈りの力だ。



その祈り自体は、もしかしたらお客さんには伝わらないかもしれない。

しかしきっと。届ける事は出来ると思うんだ。

100人が一斉に何かを祈るエネルギー。それ自体を、感じさせるなにか。人の心を突き動かすには、きっと充分な程の、力強さだ。

本番を終えて、そのエネルギーは皆の心に届いたか?

 


土曜日担当 ロッチ

コメントを残す