人の夢とは…

ACTION!!〜シズオカ新撰組血風録〜

終演しました。

劇中で俺が演じたコーサクが夢について語るシーンがあった。

 

俺は昔レーシングドライバーを目指していた。

本当に人生で最大の夢だった。

ところがある日、その夢の実現は不可能となった。

その日、「人」の「夢」は「儚い」もので…とSNSに書き込んだのを今でも覚えている。

そう、人の夢は「儚い」んだ。脆いんだと。

 

どれくらいの間、気持ちが沈んでいたのかは覚えていない。

 

ただ今回、夢を語っているセリフを言うたびに

 

人の夢は儚い。確かに儚い。

だからこそ、それを大切にして育んでいくんだ。

脆いからこそ、それがなくならないように日々前に進んでいくんだ。

 

と、考えるようになった。

 

今日でみんなで創ってきた1つの夢が終わりました。

また同じことを味わいたいと思っても味わうことのできない夢のような時間。

みんなにはそれをしっかりと胸に閉まってもらって、また明日から新しい夢に向かって進んでそしい。

見ようと思えば、誰だって夢を見ることができるんだから。 

 

エイトビートも、次の夢で皆さんと会えるのを楽しみに稽古に励んでいきます!

 

それじゃまた来週。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です