【恭】ひとりになりたがるくせに 寂しがるんだね。

人生の先輩、お世話になっている方に頂いたハマりもの。

 

 

ビール。

 

まだ色々わからないから、とりあえず飲んでみるところから。

 

エールってタイプが好みみたい。

 

味だけでも奥が深い世界のようです。。

 

 

 

 

さてさて

気づけば2月ももうわずか。

 

2月って特別な月。

 

他の月とは違って

日付が28日までしかない。

 

すごく不思議で神秘的な月なわけです。

 

 

今年は違うけど

うるう年にはうるう日もある。

特別な月。

 

 

最近、先輩へのプレゼントのため

絵本を買ったんだけど、その絵本は

そんなうるう年のうるう日を題材にした作品でしたっ

うるうのもり。

 

ラーメンズの小林賢太郎さんが

絵と文を書いている作品なんですが

絵本とは思えないくらい不思議で美しい作品でしたっ!

 

 

うるう年のうるう日に生まれた

余り1の人間、うるうびと

世界でたった1人

余った彼が

少年と友達になれなかった理由とは…

文、一行だけでもその世界観に引き込まれる。

 

美しくて、不思議で、少し悲しくて…

友情を感じられる作品でしたっ

 

これはオトナのための絵本だなーと。

実はこの作品

過去に小林さん本人が一人芝居で舞台で上演したもの。

 

僕はこの公演を3回くらい観に行ったんですが

 

 

舞台とはまた違うタッチで描かれていて

絵本を読んで初めて泣きました。

 

すごく面白かったです。

 

先輩へのプレゼントのつもりが自分のも購入。笑

 

気になる方

是非読んでみてください。

 

きっとひと時だけ世間のなんやかんや

 

吹き飛ばしてくれます。笑

素敵な世界。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です