広さ一畳の温泉

お風呂。

好き。

でも長くは入れない。

飽きるから。

でも短い時間の中、ゆったりしたい。

どうしよう。

あ。温泉の素買おう。

という訳で。

この冬は温泉の素を買い、毎日という訳ではないけれど、湯船に浸かっている。

今まではずっとシャワーのみだったんだけど、なかなかどうして。お風呂にゆったり入る習慣がつくと、少しばかり心が豊かになったようで、心地好い。

水道料金だけが怖いけど………。

でも好き。

やっぱり風呂ってなると一日の締めに入る事が多い。そうなると、その日の総括が否応なく、風呂に表れてしまう。

例えば良い事があったら、そりゃ心地好く入れる。タオルでくらげ作ったり。シャンプーでシャボン玉作ったり。ちょっと柔軟してみたりね。

でも悪い事があった日は。やっぱりご機嫌とは言い難い。

なんであんな事言っちゃったんだろう。あんな言い方しちゃったんだろう。ぐるぐるぐるぐる負のループ。

入り口はその日にあった嫌な事や、やらかした事だったハズなのに。気付けばなんの関係もない過去の古傷や過ちが、湯の上に浮かび上がる。

スーパーネガティヴタイムの始まりだ。
誰に対してだかも分からない、ごめんなさいタイムの始まりさ。うじうじうじうじ。

でもそんな中。ふと優しい湯の香りが鼻をつく。

なんの解決もしていない。具体的な策を考えた訳でもない。例えば僕が傷つけてしまったかもしれない人には、やっぱりなんの関係もない。

でも少しだけ。救われたような気がする。重くなりすぎたものが、軽くなったような。

いや現実はなんも変わってないんだけどさ。

世の中の事なんて、大抵は気持ち一つさ。辛いことを楽しく思う事も、楽しいハズの出来事を悲しく捉えてしまう事も、全て自分の心の持ちよう次第だ。

ポジティブにしろネガティヴにしろ、そう捉えた自分の心には、責任持たなきゃならんよな。

でも恐らく、根はネガティヴな自分を、ほんの少しでもポジティブにさせてくれるお風呂。もとい温泉の素。ありがとう。大好きです。

小学生でも、若者でも、おっさんでもさ。

誰だってなにかしら抱えてるものがあるハズだ。これを読んでいる貴方も、例外なく、何かを抱えてるハズなんだ。

その抱えてるものの重さもまた、日によって変わるハズ。

もしその抱えてるものが重くなりすぎた時。心が鈍い音をたてた時。ゆっくりお風呂にでも浸かってみたらいかがでしょう。

なんの解決もしていない。具体的な策を考えた訳でもない。自分が抱えてるものとはなんの関係もない。

けど、少しだけ楽になるかもよ。



土曜日担当 ロッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です