器用貧乏は悪くない。

みなさん、こんにちは!

あなごです。

 

 

世の中には”器用貧乏”という言葉があります。

 

あらゆることがそれとなくできてしまう様のことです。

 

貧乏という言葉がついているので、あまりいい意味で使われることはありません。

 

僕は自分のことを器用貧乏だと思っています。

それとなく能力のアベレージは高い(自分で言うのも恥ずかしい)けど、これと言って一芸に秀でているわけじゃないのです。

 

芝居も、殺陣も、ダンスも、それなりに自信は持っているけど、

役の深め方では兄さんにまだ敵わないし、殺陣は恭平に敵わないし、ダンスだっていっくんのほうが遥かに上です。

勝呂の演劇的センスは素晴らしいし、よっくんの個性的キャラクターは天性のものだと思う。

 

ほんと、みんな凄いんですよ。

そういえば1年くらい前、居酒屋で俺には誇れる一芸が何もない。みんなが羨ましいって愚痴を吐いていたことを思い出しました。

なんとなく自分に自信がなくなって、センチメンタルに卑屈になって、

何も手に付かない。

そんな時期がありました。世の中のみんなが羨ましかった。

 

人は自分に無いものに憧れます。

だから僕は、スペシャリストに憧れる。

この分野でならコイツだろう。

そんな言葉に憧れる。

 

この役にはコイツしかいない。

 

 

そんな言葉をずっと待っています。

 

 

けど、結局、それは僕の単なる勘違いであって、

器用貧乏であることは悪いことじゃないんですね。

それで得することって沢山あるはずだし、今までもあってきたはずなんですよね。

能力が平均的にあるからこそ任された仕事もあるんです。

 

そしてふと思ったんですよ。

一つのことを極められないのなら、ゼネラリストであることを極めればいいと。

スペシャリストには追いつけないけど、限りなく追いつく努力をすれば、

それはいつか自分の武器になるんじゃないかと。

そう思うわけです。
あ、でも、エイトビートだと僕以上にラブさん(豊福)のほうが器用ですよ。これ豆知識です。

見た目によらず器用に動けるラブさんはほんと尊敬します。

 

結局、隣の芝は青く見える、ないものねだりということです。

でも、これが自分だから、それを向き合って、それを強みに、行きていこうと思います。

 

この前お寿司屋さんであなご食べました。

東京湾産のあなご、とっても美味しかった!

#共食い

でした笑

 

月曜担当 長島

コメントを残す