男飯

 

実はほぼ毎日料理をする。

朝ごはんと夕飯はだいたい手作りだ。

殺陣リーダー恭平や、ドン伊作兄さんも確か料理をする。しかもかなり凝ったヤツ。食った事無いけど、きっとマジに旨いヤツだ。
しかし彼らと僕とで、決定的に違うところが、一つある。

俺、料理、嫌い。

いや嫌いってほど苦じゃないけど、好きではない。

だから見た目だって気にしないし、極論言えば、最悪不味くたってかまわない。安く、ちゃんとした栄養がとれればいいのだ。そりゃ旨いに越した事はないけどさ。

THE、男一人暮らしの野郎料理を思い浮かべてくれれば、それである。

それなりに自信があるのは、レパートリーの数だろうか。

その日スーパーで安かったものを使って料理をするものだから、日によって変わるし、和洋中代表的なものはなんとなく作れる。餃子とかそういうめんどくさいのは作らないけどね。

ずっと自分で作って自分で食べる生活をしてたんだけども、だから最悪不味くたってかまわなかったんだけども、先日友人に料理を振る舞う機会があった。

あれ緊張するよ………。人の口に入る事を考えると、調味料の入れ方や火の通り方など、とてもシビアになる。

俺自分で『料理下手くそだなー』と思ってたけど、そりゃ何時だって適当に作って、試行錯誤もしなければ、段取り良くなっても上手くはならないわなと思ったよ。

きっとなんだってそうだ。

回数こなせば段取りは良くなるし、効率も良くなる。

けどそこに向上心や、それに伴った努力がなければ、きっと本質的な成長はないんだよな。

ただ回数をこなした人。ただ段取りが上手い人。そんな役者に、人間にならないよう、気をつけよう。

でもそれは役者としての話なので、料理に対する取り組みは一切変えません。

いいんすよ自分で作って食べる料理なんて適当で(笑)
料理も洗い物も、好きではないもの。
口に入りゃいーんすよ。

 

14819542584391481954258439

土曜日担当 勝呂達基

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です