未知の道へ

ついに12月に突入して5日が過ぎました。

12月は師走とも呼びますね。師が走り回るほど忙しい月だから師走と呼ぶと一説があります。

……ということは、普段、師は走る必要のないくらいに、弟子に仕事を押し付けていた、いや、やらせていたということでしょうか。

 

師とは良いものだな!

なんて不純なことを考える月曜担当の長島です。

 

一応、形式上は師とは呼ばれる職に就いてますけど

普通に年中走り回ってますからね。

毎月が師走みたいなものですよ。

まぁ、今月は特に忙しいのは確かなのですが。

 

僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。

高村光太郎の『道程』の有名な一節です。

 

敷かれたレールを走るなんてつまらないと、ヒネくれた思春期みたいなこと言って生きている僕ですが、それでもやっぱり、レールのないところを走るのって大変なんですよね。

エイトビートもこの静岡で芝居をやっていくという、道無き道をいくユニットですが、やはりその道は簡単なものではありません!

 

僕は旅が好きだという話は以前何度かしました。

自分の知らない景色に出会えるのが、すごく楽しいんですよね。

あぁ、まだまだ世の中には知らない景色があるんだって、感動できるんです。

 

普段よく走る道でも、あれ、こっちの道を行ったら近道じゃないのかな、とか思って脇道に入ったりします。

短縮できる時もあれば、余計時間かかる時もある。まぁ、大抵は遠回りになるけど。

クルマや普通のバイクで行けるところには限界がある。やっぱり舗装された道の方が走りやすいし、砂利道をバイクでは勘弁したい。転びたくないし。

だけど、やっぱり砂利道の先にある景色が見たい。

どんな道でも進んでいきたい。

そんな欲求が、いつしか僕の身体を支配するようになった。

そしてついに欲求に耐えられなくなった僕は……

 

img_2134

買ってしまった。オフロードバイク。

説明しよう!

オフロードバイクとは、未舗装路を走ることを前提に設計されたバイクである!

 

こいつがあれば、道じゃないような道も行ける!

気分は冒険者。

山道なんてなんのその。

img_2238

これは、静岡市の山奥の林道で撮影した写真。

普通のバイクに乗っていたら、絶対に見れない景色。

歩いて行こうとは思えない道も、オフロードバイクがあれば気軽に行ける。

 

久しぶりに、自分の世界が大きく広がったような気がした。

また、このバイクでの旅のことでもブログに書きましょうかね。

コメントを残す