温故知新その2

あなごです。

寒い冬がやっと去ったと思えば、もう梅雨の季節が近づいているようですね。

先日は屋久島で大雨のため、土砂崩れ等で登山客が200名余孤立するというとんでもないことが起きました。

静岡も大雨予報が出てたりするので、怖いですね。

明日の朝は大雨らしいです。電車とか止まらないと良いけど……。

さて、前回のブログでは新しいことを取り入れるムーミンバレーパークのことを書いたので、今回は温故知新の「温故」のほうを取り上げようと思います。

もう1週間以上も経ってしまったのですが、

そう、ムーミンバレーパークのあと、

そのまま埼玉与野まで足を伸ばし、

観てきたのです。コンドルズ埼玉公演。

タイトルはマドンナの名曲「Like a Virgin」

直訳すれば、処女のように。

意訳すれば、初心を持って

つまり、原点への回帰を目指した作品なのではないかと、

個人的には感じました。

当然、舞台機構を贅沢に、かつ大胆につかった最初の演出は見事です。

奈落を落として釣り堀にして、しかもみんなどんどん飛び込んでいくとか、

ダイナミックで命知らずというか、怪我人ゼロって、さすがプロ……って感じです。

そして、どこか荒削りで、最近観るコンドルズとは少し違った感触が多々ありました。

終わった後に言われて気づいたんですが、

今回、LEDもムービングも使ってないんですよね。

ただの灯体のみ。しかも俺の記憶が正しければ、色すら使ってない。

まるで原始的な、でも革新的な、そんな不思議な舞台でした。

やはり、考えていることも、やれることも、僕たちとは一線を画して違いすぎる。

だからこそ目標足り得る(実際はダンスカンパニーと舞台集団で、やってることは全然違うのだけど)

原点への回帰を確信したのは、恥ずかしながらエンディング。

いつもの特報がなくて、エンドロール中にやっていたこと。

あれ、もしかして、昔はこんな感じで宣伝してたのかな?

昔を知らないから、あくまでイメージでしかないけどね。

いろいろ見方はあるんだろうけど、

20数年も続けているコンドルズが、

今、あえて、原点に立ち返る意味は、意義はなんなのだろうと考えてしまいます。

それに比べれば、エイトビートなんてまだ3年くらいの年数しか経ってないんですが、

自分がエイトビートをやると決めたときの気持ち、

芝居をやろうと思ったときの気持ち、

芝居を続けていこうと思ったときの気持ち、

そうした初心を、常に忘れず、生きていきたい。

そう思った週末なのでした。

まさか一日で、温故知新の両方を見せられるとは。いや、ある意味コンドルズだけでも温故知新なのですけど……笑

故きを温め、新しきを知る

月曜担当 長島弘志