温故知新その1

夜なべなんてするもんじゃないです。

次の日以降にツケが回ってきます。

あなごです。

こう、作業していると、次々にアイデアが出てきてしまって、全然作業が先に進まないこの現象なんなんでしょう。一つのシーンのネタに何時間も練習するような感じ。

はい、生産性のない男です。

興味が出たことは考えずにはいられないので、すぐウィキペディアとか読んじゃいます。

さて、先週末はBEAT ITで刺激的なGWを過ごしましたが、今週も刺激的な週末を過ごしました。

特に土曜日は!

2019年3月にオープンしたばかりの、

埼玉県飯能市にある、メッツァビレッジにある、ムーミンバレーパークに行ってきました!

ムーミンといえばおなじみ、北欧フィンランド生まれの可愛い妖精です。カバじゃねーんだぞ。

その世界観を余すことなく再現した、ムーミン好きによるムーミン好きのためのムーミンテーマパーク!

ムーミンはすげー詳しいわけじゃないけど、

あの世界観が好きなんすよ。あと、哲学的で、示唆に富んだ台詞たちもね。

小さい時はアニメ観てたなぁ。

まぁ、とにかく、そんなムーミンの世界なわけですよ。

見て、このスナフキンの雰囲気。

中の人もイケメンだしね。さすが人気のスナフキン。

コケムスという建物の中に、ムーミンの展示があるのですが、

さすが最近できたテーマパークなだけあって、

プロジェクションマッピングやセンサーを使ったインタラクティブな展示が数多くありました。

チームラボとコラボしてるのかな?

表情が動いたり、なかなか面白い。

古き良きムーミン谷なのに、最新技術がいっぱい。

このギャップがたまらないですね。

そしてなんと言っても、パーク内のエンマの劇場でやっているムーミンショー。

内容は子供が楽しめる優しいものですが、

途中に挟まるダンスがポイント。

なんとムーミンたち、雲形の架装をしたセグウェイにのって登場してくるんです。

あのスナフキンも、真顔で腕を組みながら、

「ムーミン、競争だ」とか言っちゃうわけですよ。

もう、面白くてケタケタ笑ってました。

セグウェイに乗ってスムースに移動するムーミン……。

新時代を感じさせるショーでした。

ちなみにキャラの声は、ショー用の新キャストが務めている模様。スナフキンの声は櫻井孝宏さんでした。スナフキン役の人、上手な口パク。

おすすめ度合いで言えば、60%くらい?

ムーミン好きなら一度は行くべき!!

しかし、最新の技術をどんどん取り入れる姿勢は素晴らしい。

こういうのにアンテナを張っていないと、どんどん時代に取り残される気がするな。

さてさて、次回は温故の方を書きます。

本当は月曜担当 長島弘志