『当たり前だけど特別な苦しみ』

正義ってなんでしょう?

正解ってなんでしょう?

信念ってなんでしょう?

果たして、自分がそう思ってる事柄は、本当に意味のあることなんでしょうか?

こんな時ありませんか。

明らかに俺が正しい。

主観的に見ても客観的に見ても、まず間違いなく俺が正しい。

という瞬間。

でも沢山の人がいるからさ。反対意見の人もいる訳だ。そいつが例えすげーアホであろうとも、意見を交わす一人には違いない。

もしかしたら掘っていけば、そいつにも信念があるのかもしれないしさ。

なーんて広い視野を持てば持つほど、己の正義は影を潜めていく。そしてそれがまた、そいつを認めたくなくなる理由になるわけだ。

繰り返す。

正義ってなんでしょう?

正解ってなんでしょう?

信念ってなんでしょう?

果たしてそれに固執する意味がありますか?

固執すればするほど。

トイレで隠れて忍び泣く。

折れたふりして、笑顔を作る。

こっそり奥歯を噛み締める。

酔いに任せてぶちまける。

それに本当に、意味がありますか?

そりゃあ意味は………

あるに決まってるだろう!!

いやぶっちゃけ、意味はねぇかもしれねぇよ?こっそり泣いたところで解決はしねぇよ?

それでもだ。

意味がなくとも、泣いているその事実に意味があるんだ。

辛くとも、しんどくとも、泣いているということは、放棄していないという事だ。

戦っているからこそ、傷付いているハズだ。

だから、絶対に、その気持ちは間違っていないんだ。

違う場所は間違ってるかもしれないけど(笑)

学生にしろ社会人にしろ、理不尽な何かに己の行動を制限される事は、珍しい事じゃない。

むしろ日常的な事。

そんな当たり前のあなたに。そう、あなただ。これを読んでいる『誰か』ではない。

今画面の向こうにいる、『あなた』だ。

そんなあなたに、俺は観て欲しい。

BIRDMEN。

これは命の話であり、信念の話であり、そして人として、当たり前の感情の話しでもあるんだ。

迷っている方はなるはやで静岡市民文化会館に連絡だ!

エイトビートは万全の準備を整えて、板の上で『あなた』を待っています。

スグロ