ロッチのチラシに対して語らせてくれ!

さぁ。メンバーが各々書いている通り、エイトビート公演『BIRDMEN』、チラシが出来上がりました!更に!ほぼ同時期公演女性演者によるハイポジション『No Woman No Cry』も!

あぁ、両者なんという完成度でしょう………。

いやいや、公演打つ上でただでさえ上がっているテンションも、俄然更に上がるというものです。

前回と同じく静岡在住のイラストレーターであるyazwoさんという方に書いていただいたのですが、この方がまた、最高にキラキラした人なのです。

端的に言うと、目が確実に、少年のそれです。

何故それを知っているのか。というのは、yazwoさんはエイトビートの打ち上げや、スタート時など、節目の飲み会に必ず来て、話をしていかれるのですよ。

恐らくその理由は、人を題材にして絵を描く上でのポリシーであったり、社会的な立場であったりするのでしょう。もしくは単なる酒好きか。いや、後者はないな。

しかしそうしてエイトビートの節目に来て下さるyazwoさんの人柄が、皆大好きなのです。

こうやって書くと、きっと皆さんは営業トークかと思うんじゃないかな?違うんだぜ。そう疑うなら改めてチラシをチェケラッ!

ド真ん中下で赤い服を着ているヤツを見ていただこう。

恐らくこれは、エイトビート内でパーソナルカラーが赤であり、及び髪が長い俺のハズである。

そんな俺の座り方。

『あぐらをかいて右手を地につける』このポーズ!

これまさに『飲み会座敷席での俺流鉄板ポーズ』なんですよ!

分からんよ。yazwoさんが実際それを見て描いてくれたのかは分からない。

しかし少なくとも、深層心理の中で『アイツ』をイメージした時に溢れ出たイメージがアレなのでしょう。

俄然やる気が出るぜ。

BIRDMENで出るアイツは、間違いなく俺なんだと、否が上にも実感させてくる。

そして一歩も引けないぜと、背中を押してくるようにさえ感じる。

yazwoさん、貴方が描いた絵は、お客さんに向けたものかもしれない。きっと事実そうなんだろう。

でも俺だけじゃなく、女性メンバー含めた全員が、貴方に背中を押されたハズです。

こんな場ですが、ありがとう。

そしてそれと同じく、いや、それ以上にチラシを見て、心を動かされた人間がいるハズだ。

心を動かすなんて簡単に言うけど、これは本当に難しい事で、そして動かされたとしたなら、それは貴方が本当に素敵な人間である証だと思うんだ。

これは別にBIRDMEN云々じゃなく、『心を動かされた』という事実のみを指した上での意味だ。

心を動かされなくとも、難なく生きれる世の中だ。要領良ければ、壁にぶち当たる事も少ない社会だ。

芝居じゃなくてもいい。

キンモクセイの香りでも、蝉の声でも。家族の声でも友達の振る舞いでも。

なにかに心を動かされたのなら、それは貴方が自分で思っている以上にすごい事で、大事な事で、大切な事なんだ。

そしてそれが、この仕事を選んだ以上、僕らの舞台であるならこんなに嬉しい事はない。

エイトビート公演BIRDMEN。
俺は関わってないけど、ハイポジション公演No Woman No Cry。

どちらも、貴方の心を動かす、充分な可能性を持った舞台だ。

一緒に動かされよう。心動くのは、なにもお客さんに限った話じゃないんだぜ。

板の上で、リアルタイムで、貴方の顔をこの目で見て、俺たちは初めて動けるんだ。

一緒に楽しんで、是非一緒に動かされよう。

チケットも安いしな!!

8のつく日担当 ロッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です