独断と偏見による他己紹介 ~さよなら遠慮編~

 

先週は申し訳ありませぬ。
今日岐阜にて吉元新喜劇さんの本番があり、リハーサルやら作り物やらで鬼の忙しさだったのだ。しかしこれで一段落!お疲れ俺!やっと帰れるぜ………!

さぁブログを始めよう!

先々週は若手チームの『独断と偏見による他己紹介』を実施した訳だが、正直に言おう。

私は気を使っていた。

そう、読者諸君、他ならぬ貴方達に、気を使っていたのだ。

せっかく興味を持って読んでくれた貴方達を離すまいと、彼等の良い所ばかりをつい紹介してしまった。

これは一重に、有り余る私のリーダーシップ、そして各メンバーへの私の『溢れる愛』が悪い方向へと転化してしまった、稀有な一例と言えるだろう。

彼等と、そして自分自身を守ろうとしてしまったのだ。

しかしこのままではいけぬ。

いけ……………………ん?いけぬ?あれ、これ日本語合ってる?いけぬ?いかぬ?

……………ニュアンスは伝わってる事として話を進めよう。

そもそも、読者の方々が求めているのはなにか?

それは、板の上では見えない、個人そのもののオリジナリティ。客席からは見えぬ悪逆非道。日々メンバー間で行われるデッド・オア・アライブ。

気を使っていては、彼等の本性を暴く事など出来ない。

ここは気持ちを新たに、独断と偏見による他己紹介を始めようと思う!さぁ、20代中盤編、スタートだ!

まずはエイトビート殺陣リーダー!恭平!

異常に切れのある右ハイキック!相手を射殺す眼光!そんな中、スターダストメモリーではおねぇ言葉の元ヤンを演じる不思議な役柄!果たして、彼の本性は如何に!?あいつの称号は…………

フィレステーキだ!!

何故フィレステーキなのか。
フィレステーキと言えば、ステーキの中でも希少且つデリケートな部位。
そう、ほんの少しの温度変化にも味を左右されてしまう、絶妙な部位なのだ。
つまるところなにが言いたいかと言うと、彼はなんと、あんなに強面な顔をしているが、非常に繊細且つデリケートなヤツなのである!!
想像できるであろうか。ほんのポロッと!悪意は無かったとしても!恭平に対してネガティヴな発言をしようものなら!彼は引くほど落ち込むのである…………。彼はエイトビートのミスターしょんぼりなのだ。そのしょんぼりっぷりは、仮に自分が悪く無かったとしても、『とりあえず謝っておこう』と思うに足るしょんぼりっぷりなのである。

しかしこれだけは言っておこう。

観に来てくれた貴方ならば分かると思うが、彼は圧倒的なスター性と、優しい人柄を持っている。そのギャップにヤられた人も多いのではないだろうか。誰よりも優しいからこそ、彼は誰より傷付きやすいのだ。

圧倒的なスター性、且つ非常にデリケートな部分を併せ持つアイツ。

やはりフィレステーキが相応しい。

いや、これなかなか良いんじゃないの。
適度に毒を吐きつつ、彼の良い所も紹介している。
なによりちゃんと食べ物で紹介出来た所が素晴らしい。
よっくん方式が初めて良い方向へと働き始めた一例である。

この勢いでどんどんいこう!

次は。先ほど話題にも上がった………。

よっくんだ!!

このブログテーマの発案者!つまりこのブログのアクセス数が奮わなかった場合、それは自分の文章力というより、よっくんのセンスのせいとも言えるのだ!
彼に対しては、お客さんからも好き勝手に色々言われる。
やれオレンジの人だの。やれストップウォッチの人だの。やれ暑苦しい人だの。やれ男臭い人だの。

全く。彼の何を知っている訳でもない人達が、勝手に彼の事を言っている。

いいか。
一言言っておくぞ。
彼は。

その通りの人だ。

彼は金持ちで、オレンジの人で、ストップウォッチの人で、金持ちで、暑苦しい人で、男臭い人で、そして金持ちだ。

そんな彼。これは悩みました。色々考えた上の折衷案。彼の称号は…………

『個人経営している洒落たレストランで出てくる高めのハンバーガー』だ!

ほら、手で食べるというよりは、ナイフとフォーク使って食べるようなアレさ。

説明しよう。何故『個人経営している洒落た(略)』なのか。

まず彼は他人の受け入れキャパシティが異常に広いのである。
どの現場に行っても、一番最初に場や人に馴染めるのは間違いなくよっくんだ。
そんな彼の周りには当然人が集まってくるし、常に笑顔が振り撒かれている。そんな万人受け間違いなし、誰からも好かれる人柄、そして普段適当な事ばっか言うジャンクさ、それらを指し『ハンバーガー』とさせていただいた。

それでは何故色々とハンバーガーの前に注文がついているのか。

先に話した通り、彼は金持ちである。
小さい頃から現在に至るまで、ずっと金持ちである。
望む物が望む以上に手に入る生活をずっと続けてきたのだ。

そんな彼には、育ちの良さ、地頭の良さ、人間関係の作り方の上手さなどが随所に見受けられる。
自分も含めた20代中盤勢の中では、恐らく一番大人である。
しかしそれを周りには見せない。そこが彼の魅力であり、怖さとも言える。

よって『個人経営している洒落たレストランで出てくる高めのハンバーガー』とさせていただいた。

いやー、悩んだよこれ。
非常に難しい選択でした。
記事の更新が遅れた一翼を担ったのは、よっくんのせいとも言えるかもしれませんね。皆さんに良い知恵を授けましょう。
世の中大半の悪いことは『よっくんのせい』って言っておけばまかり通ります。是非使おう!万能だよこれ!

メンバーからはもちろん、読者の方々も異論はある事だろう!知ったことか!

来週はエイトビート30代おっさん編をお送りしたいと思います。

したらな!

土曜日担当 ロッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です